8月12日

瞳オートフォーカスで有名なスマホ「Sony Xperia 5 III」

“Sony Xperia 5 IIIは「可変式のレンズ搭載」モデルのため、ほかのスマートフォンでは真似できないカメラ性能があります。
可変式のレンズの補足となりますが、Sony Xperia 5 IIIには「70mm、105mmの可変式望遠レンズが搭載されている」ため、複数の焦点距離に対応しているモデルです。これのなにがすごいのかというと、Sony Xperia 5 IIIはどのようなシーンでもイメージに合った写真撮影などが可能になります。
そのためSony Xperia 5 IIIは、カメラレンズの性能によって安定した写真撮影を行いたい人と相性がよいのです。ものによってはSony Xperia 5 IIIと同じような機能をもつスマートフォンはありますが、これらは「AIカメラ機能で補っている」要素が多いので、レンズ性能も高い・・・わけではありません。
Sony Xperia 5 IIIの特徴ですが、「瞳オートフォーカス搭載」モデルとなっていることが最大の特徴でしょう。瞳オートフォーカスとは、被写体の瞳を追いかける機能のことです。ほかのスマートフォンには搭載されていない機能なので、Xperiaシリーズの中でも際立った機能といえるでしょう。
瞳オートフォーカスの利点ですが、動きが素早いシーンでも被写体をぶれなく撮影できるようになります。しかもSony Xperia 5 IIIには、「オブジェクトトラッキング機能」まで備わっているので、オブジェクトトラッキングによりタップした対象を追い続けるといった、従来のスマートフォンでは考えられない撮影についても可能です。
そのためSony Xperia 5 IIIは、唯一無二のレンズ性能、カメラ機能をもつスマートフォンを探している人と相性抜群と言えます。
Sony Xperia 5 IIIのカメラ性能ですが、「アウトカメラが12.2MP(超広角/広角/望遠)、インカメラは8MP(広角)、F値はアウトカメラが2.2(超広角)、1.7(広角)、2.3/2.8(望遠)、インカメラは2.0」となっているため、高画質なカメラ撮影も行えるようになっています。
Sony Xperia 5 IIIの詳細スペックですが、「本体サイズが157mm×68mm×8.2mm、重量は168g」となっておりますので、現存するスマートフォンの中でも特に軽いモデルとなっています。重たいものでは200gを超えるスマートフォンもあるので、こちらと比較した場合はその軽さに驚かれることでしょう。
そのほかのスペックですが、「解像度が3840×1644で643ppi、搭載レンズ(アウトカメラ)がトリプルカメラ、搭載CPUはsnapdragon888 5G」となりますので、解像度や処理性能については、中々Sony Xperia 5 IIIより優れているものが見つからない状況です。
ハイエンドモデルで探すと見つかりはしますが、Sony Xperia 5 IIIと比較して1万円以上も高いものが目立ちますので、キャンペーン適用の範囲も考慮すると、Sony Xperia 5 IIIのほうがコストパフォーマンスでも優秀といえるでしょう。”

8月11日

防水スマホの賢い選び方

“防水スマホの豆知識についてまとめました。防水スマホの防水機能は、ハイエンドモデルのスマートフォンと、ミドルレンジモデルのスマートフォンでちがっていることもあるので、すべて同じと思わないほうがよいです。
そもそも、防水スマホには「IP規格」があるので、防水スマホについて知識がない人でも良いものと、普通のものを分類できるようになっています。IP規格は、「0~8」の等級で表示されるようになっていて、数字が高いものほどIP規格の質はよいと思って問題ありません。
ちなみに、一般的なスマートフォンに表記されているIP規格は、5以上となっているのでこちらを参考にするのもよいでしょう。
そのほかの知識としては、「IPX8」というのは水面下でスマートフォンを使用することが想定されている規格です。今では、レジャーに対応しているハイエンドモデルのスマートフォンが増えてきました。これは、マリンスポーツなども考慮に入れて開発されているスマートフォンが混じっているため、用途に応じてIPX8を確認することも重要です。
防水防塵機能の補足となりますが、「IP67」と表記されているスマートフォンが該当します。これは、IP6X、IP7Xの防水防塵機能ありのスマートフォン・・・という意味になりますが、IP6X以上のものであれば平均的なスマートフォンよりも、防水防塵機能が高いという意味に捉えても問題ありません。
IP6Xクラスにもなると、「あらゆる方向からの水流にも対応できる」レベルの防水スマホとなりますので、少しぬれる程度ではスマートフォンになんの影響も出ないでしょう。”

8月10日

インスタの検索履歴は残り続ける?検索履歴を削除する方法はあるの?

“インスタグラムでは何かを検索した場合、その検索履歴がアプリ内に残るように設定されています。この機能は、繰り返して検索したいハッシュタグやユーザー、スポットがある時には非常に便利です。
しかし家族や友人にその検索履歴を見られてしまうのは恥ずかしい…と感じる人もいるでしょう。ではインスタの検索履歴を残したくない場合はどうすればよいでしょうか?ここではインスタの検索履歴を完全に削除する方法はあるのかまとめてみます。
【どのようにしたらインスタに検索履歴が残ってしまうの?】
インスタで検索履歴が残るのは、検索タブで検索窓をタップして、そこに調べたいアカウントやハッシュタグを入力した場合です。入力しただけの状態であれば検索履歴は残らないような仕組みになっていて、検索結果に出てきたハッシュタグやアカウントをタップし、ページを遷移すると検索履歴が残ります。
【インスタで検索履歴を残さないように設定することはできないの?】
インスタアプリで検索した履歴を残らないように設定したい!という人は多いかもしれません。では検索履歴を残さないように設定することはできるのでしょうか?
結論から言うと、残念ながら現時点では検索履歴をデフォルトで非表示化することはできません。
【インスタでアカウント検索したら相手にバレてしまうの?】
インスタのユーザーの中には、アカウント検索するとその事実が検索した相手に伝わってしまうのでは…?と心配する方がいます。しかしインスタではアカウント検索をしたからと言って相手にバレることはありません。検索してプロフィールを閲覧した場合でも相手に知られることはありませんよ。
【インスタの検索履歴を削除する方法を徹底解説!】
インスタでは検索履歴を残さないように設定することはできません。そのため検索履歴をなくしたい場合には、その都度削除する必要があります。ここではインスタの検索履歴を削除する2つの方法をまとめてみましょう。
<検索履歴をまとめて一括リセットする方法>
検索履歴をまとめて一括リセットすることができます。
やり方は以下の通りです。
1、最下部にあるプロフィールタブを選択する
2、右上にあるメニューボタンをタップし、[設定]を選択する
3、[設定]画面で[セキュリティ]をタップする
4、[セキュリティ]画面の項目から、[検索履歴をクリア]をタップする
5、[最近の検索]画面に移動し、右上の[すべてをクリア]をタップする
6、「検索履歴をクリアしますか?」という確認アラートが表示されたら[すべてクリア]をタップする
<検索履歴を個別に消去する方法>
インスタグラムの検索履歴の中で、一部だけを選んで削除したいという時にはこのやり方がおすすめです。
方法は以下の通りです。
1、画面最下部にある[検索タブ]を選択して、画面上部の検索窓をタップする
2、検索窓の下にあるタブ[上位検索結果][アカウント][タグ][場所]の中から消したい検索結果が表示されているタブを選ぶ
3、検索結果の右端にある[×]ボタンをタップする
4、個別に検索結果を削除できる
【検索ページに一覧表示される写真・動画を非表示にする方法】
検索タブを選択すると、自分はフォローしていないユーザーの投稿写真や動画が一覧で表示されます。
ここに表示される写真や投稿は、自分が過去に検索したハッシュタグやアカウントなどに関連した写真や動画が自動的に選ばれて表示される仕組みになっています。
つまり検索履歴によって表示される投稿内容は変わるということ。この画面を見て検索している内容が相手に分かってしまう…ということもあるでしょう。
他の人に検索ページに一覧表示される写真をバレたくないという人は、投稿を非表示するように設定しておくのがおすすめ。
やり方は以下の通りです。
1、非表示にしたい投稿をタップすると、投稿が拡大表示されるので、その画面右上にある[…]メニューボタンをタップする
2、表示された項目の中で[興味なし]をタップする
3、「発見」画面に移動し、投稿が非表示になる”

8月05日

6万円台で購入できる人気スマホ「Apple iPhone 13」

“今ではレディーススマートフォンとしても人気な「Apple iPhone 13」について、具体的に人気になっている部分を深掘りしていきます。
まず、レディーススマートフォンでは「ディスプレイがあまり注目されていない」背景があることを知っておきましょう。女性は本体価格、料金プラン、カメラ機能や性能、バッテリー容量や充電方式、そしてセキュリティなどを意識してスマートフォンを選ぶことが多いです。レディーススマートフォンの補足となりますが、レディーススマートフォンとして選ばれることが多いメーカーはAppleです。
AppleのiPhoneはデザインがかわいらしいだけでなく、今の時代に沿ったスペック、機能がそろっていること、数が多く出回っているので中古市場がにぎわっていること、そして、女性を意識したカラーリングのものも多いため人気が高いとされています。
実際に、「Apple iPhone 13の評価は100点満点中の90点台」が多いため、レディーススマートフォンのランキングサイトを通じてApple iPhone 13を購入するのは、それほどおかしいはなしではありません。
しかもApple iPhone 13は、Samsungのgalaxyシリーズのように「歴史が長い」スマートフォンメーカーで、さらにAppleはMacでもそうですがパソコンメーカーとしても人気のメーカーです。女性の場合はブランドイメージを重んじる傾向にあるので、数あるレディーススマートフォンの中でもApple iPhone 13はひときわ人気が高いのでしょう。
旧モデルの「iPhone 12」とApple iPhone 13は見た目的には大きな変化がありません。ですが、レディーススマートフォンとして注目されやすいカメラ性能が大きくパワーアップしているため、Apple iPhone 13を選ぶ女性が多いのです。
Apple iPhone 13は旧モデルに比べて、「カメラレンズが大きくなった」、「ハイエンドモデルに見られる手ぶれ補正あり」となっています。前述のとおりでハイエンドモデルを購入しても、Apple iPhone 13と同様の機能を使用できるわけですが、ハイエンドモデルは安くても8万円以上はかかりますので、6万円台で購入できるApple iPhone 13が人気なのは当然のことなのかもしれません。
Apple iPhone 13の詳細スペックですが、「サイズが(縦)146.7mm ×(幅)71.5mm×(厚さ)7.65mm、重量は約173g、ディスプレイは約6.1インチでSuper Retina XDRディスプレイを採用」となっています。ミドルレンジモデルとは思えないほど魅力的なスペックとなっておりますが、中華スマホなどと比較した場合はカメラ性能やバッテリー容量で劣っていると評されています。
ですがApple iPhone 13は、「CPUがA15 Bionic、ROMは128GB/256GB/512GB、防水防塵機能あり、おサイフケータイでApple Payに対応」となっているため、同価格帯のスマートフォンとは比較にならないほど多彩な機能、そしてハイスペックな処理性能になっています。”

6月17日

多くの人が使っているスマートフォンアプリのご紹介

“android携帯ユーザーであれば、「Googleプレイストア」からインストールしている割合が高いものを厳選しました。人によっては聞いたことがないアプリも出てきますが、まぎれもなく多くの人が便利と感じているアプリのみでまとまっています。
人気のスマートフォンアプリその1は、「アバスト」です。最近になってランサムウェアの影響もあり、ランサムウェア対策としてアバストのような「セキュリティ対策アプリ」をインストールするユーザーが増えてきました。
アバストとは、スマートフォンアプリの中でも圧倒的にユーザー数が多いアプリです。具体的な機能としては、「ウェブサイトの見張り機能、盗難、紛失対策」が施されているスマートフォンアプリです。
ウェブサイトを見張ることで、多くの人が信用しているサイトと、そうではないサイトが一目瞭然になる効果があります。さきほどのランサムウェア対策にもつながっていて、このようなリスクのあるサイトがわかると、自然とウィルス感染するリスクが下がります。
しかもアバストは、リモートコントロールにも対応しているスマートフォンアプリなのです。スマートフォンを紛失してしまった場合、どこにそのスマートフォンを落としたのかがわかるようになっています。
リモートコントロールすることによって、スマートフォンのロック機能をオンにすることも可能なため、他人に拾われてしまった場合も安心できるのです。近年では、中高年層もスマートフォンを利用する時代になったのですが、その影響でスマートフォンの安全性を高める目的で、セキュリティ対策アプリをインストールする人が増えてきました。
人気のスマートフォンアプリその2は、「乗換案内アプリ」です。
こちらは電車のみに対応しているスマートフォンアプリではなく、電車など乗り物に対して有効なスマートフォンアプリです。乗換案内アプリとして有名なものでは、1,100社以上のバス路線に対応しているものもあるので、鉄道や飛行機、バスの乗換について自分で調べる必要はありません。
今では新型コロナウィルス感染の影響も受けて、乗換案内アプリの利用者は減ってきましたが、それでも根強い人気を誇るスマートフォンアプリの1つです。
人気のスマートフォンアプリその3は、「Snapseed」のような写真撮影をサポートしてくれるスマートフォンアプリです。
写真加工アプリとしてGoogleプレイストアなどに置かれているのですが、スマートフォンによっては、写真撮影はできても加工について専門的に対応されていないものが多いです。そのような問題に対応しているのが前述のスマートフォンアプリで、色味を強める、鮮やかな写真に加工するなどの対応を、ボタンをクリックするだけで可能としているのが強みと言えます。
このような写真加工アプリの中には、合成写真が作れるスマートフォンアプリもあったり、写真を取り込むことで美容のアドバイスを受けられるものまで存在します。
人気のスマートフォンアプリその4は、「radiko」のようなラジオアプリです。
今の時代では、わざわざラジオを購入してラジオを聴く人が減ってきました。というのも、スマートフォンアプリをインストールするだけで、スマートフォンがラジオになるからです。
ただし、ほかのスマートフォンアプリとはちがい、ラジオアプリの多くは「有料化」が進んでいるので注意してください。日本国内の場合、今では災害を気にされるユーザーが増えているため、大変な人気を誇るスマートフォンアプリも出てきました。
料金についての補足となりますが、radikoの場合は「月額385円」で入会できるようになっています。
ほかのラジオアプリとはちがい、radikoであれば「過去のラジオについても聴ける」ようになっているため、実をいうと、一般的なラジオよりも性能的に優秀であったりします。
しかも、ラジオアプリは電波がよくない場所であっても音質がクリアです。緊急時に役立つ作りになっているので、今では、このようなスマートフォンアプリをインストールするユーザーも増えてきました。”

6月16日

5G対応スマホの「realme narzo 50」とは?

“スマートフォンを使用する人は増えていますし、通信速度が遅い4Gスマートフォンから5Gに対応しているスマートフォンに買い替えて楽しむ人も増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme narzo 50」という5Gスマホがあり、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリー、重たい動作でもサクサク動く高性能CPUや誰でも簡単に美しい写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/64GBモデルが約2万円でRAM6GB/128GBモデルが約24000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約194gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電や15Wのワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio G96 2.05GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAM4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(realme UI 2.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャック、防水・防塵機能や液冷システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

6月10日

5G対応スマホの「Samsung Galaxy M33」とは?

“5Gの特徴として挙げられるのは高速大容量通信や低遅延、同時多接続があり、現在普及しているスマートフォンなどでも使われています。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「Samsung Galaxy M33」という5Gスマホがあり、色鮮やかで発色が良くてバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイや5Gの高速通信や高度な画像処理を実現した高性能CPU、夜景など低照度の環境でも明るく手ブレを抑えた高画質な写真が撮れる高性能カメラやいろんなことをたっぷり楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.4ミリ、重さ約215gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ブルー、ブラウンの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass5を採用していますのでどこでも安心して使用できると思います。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+望遠レンズがついた約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(One UI 4.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水・防塵機能やデュアルステレオスピーカー、イヤホンジャックや冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy史上初めての公式SIMフリー端末
詳しくはこちら

6月06日

3万円台で購入できるスマートフォンのオススメ2選

“3万円台で購入できるスマートフォンの中でも、今では売れ筋となっているスマートフォンを紹介していきます。
まず1つ目のモデルが「Rakuten Hand」です。楽天モバイルのRakuten Handは、そもそも料金がほかのスマートフォンに比べて安いため人気のため、あまり「お金をスマートフォンに使わない」人にオススメできます。
なぜRakuten Handが人気なのかというと、「コストパフォーマンスが高いスマートフォン」だからです。
Rakuten Handの詳細スペックですが、「発売日が2020年12月8日、カラーはブラック・ホワイト・クリムゾンレッド、内蔵メモリはRAM4GB、ROM64GB」となっておりますので、性能の良いSIMフリースマホと比較しても、ほとんどRakuten Handは劣っていません。
しかもRakuten Handの本体価格は、今では「2万円を切るスマートフォン」となっているため、安く性能の良いスマートフォンを持ちたい人であれば、なかなかRakuten Handよりよいものは見つからない可能性があります。
Rakuten Handのそのほかのスペックですが、「サイズが138×63×9.5mm、画面サイズは5.1インチ、ディスプレイは720×1,520(HD+)、カメラ性能はメイン:4,800万画素、インカメラ:1,600万画素、防水機能あり、おサイフケータイ機能あり、バッテリー容量は2,630mAh」です。
そのため、Rakuten Handの難点をあげるのであれば、ほかのスマートフォンに比べて小さい、バッテリー容量が少ないくらいでしょう。
そして、2つ目のモデルが「arrows We」です。
こちらは以前からコストパフォーマンスが高いスマートフォンとして、スマートフォんのランキングサイトで上位にランクインしているほどの人気です。
arrows Weの詳細スペックですが、「発売日が2021年12月3日、内蔵メモリはRAM4GB、ROM64GB、サイズは147×71×10.2mm、画面サイズは5.7インチ、ディスプレイは1,520×720の解像度、カメラ性能はメインカメラ:1,310万画素、インカメラ:500万画素、ハイレゾ音源に対応、防水機能あり、おサイフケータイ機能あり、バッテリー容量は4,000mAh、5G対応モデル」となっています。
arrows Weは先ほどのほかのスマートフォンとは違い、シンプルなスマートフォンとして開発されているため、これからスマートフォンを持つ人でも安心して持てます。
しかも話題の5G対応モデルでキャッシュレス決済に対応、カメラ性能もリーズナブルな価格のスマートフォンとは思えないほど高い性能があるのです。近年では、新型コロナウィルスを意識して「端末そのものを洗えるスマートフォン」が人気となっているのですが、arrows Weは水洗い、アルコール消毒に対応しているスマートフォンです。”

4月28日

5G対応スマホの「HONOR Play 30 Plus」とは?

“5Gスマホでは高速かつ大容量の通信が実現されていますので、4Kや8Kの映像配信も臨場感溢れる感覚で楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「HONOR Play 30 Plus」という5Gスマホがあり、より広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイや遅延なくスムーズに動作する高性能CPU、クオリティの高い写真を撮影することができる高性能カメラや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/128GBモデルが約2万円でRAM6GB/128GBモデルが約24000円でRAM8GB/256GBモデルが約27000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約167ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約198gという手に持ったときの安定感を損ねない薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、ブルー、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.74インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは22.5Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

4月20日

5G対応スマホの「moto edge X30」とは?

“5Gは今まで使ってこなかった高周波数の帯域を使用していますので、回線で混みあいをうまく避けながら高速大容量通信を実現させています。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「moto edge X30」という5Gスマホがあり、幅広いシーンでの撮影に対応できる高性能カメラや大容量かつ高速なデータ転送を行える高性能CPU、どのような角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約57000円でRAM8GB/256GBモデルが約61000円でRAM12GB/256GBモデルが約64000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約194gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルーとホワイトの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400 x 1080でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは68Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応していますし、Gorilla Glass5を採用していますのでいつでもどこでも安心して楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 8 Gen 1 SM8450 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約6000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(MYUI 3.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。
同じ5GのミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォモデルとしてGalaxyから日本ではおそらく初めてのSIMフリースマホを発売します。Galaxy M23 5Gというモデル名で明日4/21に発売されますので買うなら今日まで予約すると何かもらえるキャンペーンをやっているそうですよ。

https://www.galaxymobile.jp/galaxy-m23-5g/5Gは今まで使ってこなかった高周波数の帯域を使用していますので、回線で混みあいをうまく避けながら高速大容量通信を実現させています。

その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「moto edge X30」という5Gスマホがあり、幅広いシーンでの撮影に対応できる高性能カメラや大容量かつ高速なデータ転送を行える高性能CPU、どのような角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約57000円でRAM8GB/256GBモデルが約61000円でRAM12GB/256GBモデルが約64000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約194gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルーとホワイトの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400 x 1080でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは68Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応していますし、Gorilla Glass5を採用していますのでいつでもどこでも安心して楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 8 Gen 1 SM8450 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約6000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(MYUI 3.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。
同じ5GのミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォモデルとしてGalaxyから日本ではおそらく初めてのSIMフリースマホを発売します。Galaxy M23 5Gというモデル名で明日4/21に発売されますので買うなら今日まで予約すると何かもらえるキャンペーンをやっているそうですよ。
https://www.galaxymobile.jp/galaxy-m23-5g/”Galaxy m23 (simフリーモデル)